名産・特産品

楽器

産品名称 楽器
特徴 本県の楽器産業は、明治20年に山葉寅楠が、小学校の舶来オルガンを修理したのがその発祥といわれ、さらに彼は、音楽教育の必要性と楽器の将来性に着目し、明治22年山葉風琴製造所を設立、明治30年には同所を日本楽器(株)に改め、今日の楽器産業の基礎を築いた。
その後社内事情から昭和2年に同社を退社した河合小市が河合楽器研究所を設立し、楽器の総合メーカーとして急速に発展していった。
戦後、昭和22年から器楽教育が開始され、教育用楽器に対する需要が急増、朝鮮戦争の特需ブームと相まって市況は活況を呈した。このころの主力製品は、単価の安いハーモニカ、木琴、ウクレレ等である。
30年代の高度経済成長期には、オルガン教室や予約販売制度が普及、技術革新や大量生産システムの確立が進み、オルガンの生産販売が飛躍的に伸長した。
40年代前半は、ピアノ、オルガンを中心に推移したが、電子オルガンの登場により、オルガンの生産は44年の55万台をピークに急速に縮小に向かっていった。一方、小・中・高等学校でブラスバンドが急速に普及し、管楽器類の生産が伸びたのもこのころである。
50年代前半は、ピアノ、電子オルガンが中心であったが、電子ピアノ、電子キーボードの登場により、55年のピアノ39万台、電子オルガン38万台をピークにその生産は、徐々に減少している。
60年代以降は、デジタル技術の向上とともに電子楽器の売上が伸びている。
お問い合せ先

地図

関連商品

伊豆の国市 伊豆の国農業協同組合韮山経済センター販売課 イチゴジャム
静岡市 JAしみずサービス バラ
川根本町 奥大井ふるさと特産振興会 ゆず酢
島田市 株式会社ルイソー ハーブティー&グリーンティー
島田市 村松享 手造りしょうゆ・みそ
富士宮市 朝霧乳業(株) あさぎりアイスクリーム
伊豆の国市 伊豆の国農協田中支店 ダイコン
アクティ森 森のはちみつ
森町 (株)アクティ森 森のはちみつ
湖西市 湖西市特産品創造研究会 地酒(これっきりごめん)
掛川市 大東町商工会 芋切干
南伊豆町 伊豆漁業協同組合南伊豆支所 伊勢エビ
富士市 富士市農協営農センター茶柑課 富士のやぶ北茶
このホームページは静岡県の委託を受け、静岡県産品愛用運動推進協議会が運営しています。
Copyright Shizuoka Aisuikyo. All Rights Reserved