名産・特産品

仏壇

産品名称 仏壇
特徴 静岡の木工業は、明治22年の東海道線開通と共に全国各地に販路が拡大され、鏡台、針箱をはじめ塗下駄、雛具、漆器等、多種多様な地場産業が形成され、発展してきた。
仏壇については比較的歴史も浅く、戦前から研屋町仏壇と呼ばれていた簡単な漆塗り仏壇が建具職人によって作られてきたが、現在の仏壇業界はこの流れとは別に、戦後新しく静岡に生まれた業界である。
静岡仏壇は、昭和26年に東京の家具店から初めて注文を受け、市内の家具の木地作り業者が製品を作ったことに始まったと言われ、終戦より13回忌にあたる昭和33年になると、全国的に仏壇の需要が高まり、静岡にも注文が殺到し、静岡の仏壇製造レベルを全国的に引き上げた。宗教団体向けの仏壇需要の増加もあって、木製はきもの業者が仏壇生産に進出し、家具・木製雑貨業者も参入し、仏壇の一大産地として形成され、現在に至った。
お問い合せ先

地図

関連商品

河津町 JA伊豆太陽農産加工所 わさび漬
一条竹の子村
南伊豆町 一条竹の子村 竹の子
伊豆市 わさびの大見屋 わさび漬
浜松市 スズキ(株) オートバイ
菊川市 商風園 アロエ
熱海市 常盤木羊羹店 總本店 鶴吉羊羹(橙)
浜松市 水窪観光協会 シシ鍋
沼津市 戸田観光協会 エビ各種
焼津市 焼津鰹節水産加工業協同組合 鰹節
御殿場市 金華豚研究会(事務局御殿場市農林課) 金華豚ハム・ソーセージ
藤枝市 玉露の里 玉露
このホームページは静岡県の委託を受け、静岡県産品愛用運動推進協議会が運営しています。
Copyright Shizuoka Aisuikyo. All Rights Reserved