Let's体験!楽しんじゃおっ!施設紹介印刷ページ
そば打ち体験しました。わたしが体験レポートします! 加藤実奈子さん

「そば打ちって奥が深くて、ハマッちゃう人も多いんですよね。私はどちらかというと作る人より食べる人…でしたが、今回の体験でハマりかけそう!」

場   所
四季の里 中川根特産品販売所
体験メニュー
・・・費用  ・・・最短所要時間
◇そば打ち  有料60分 そば400g分(3〜4人分)


そば打ちに挑戦! By Minako Kato

今回は町内の子どもたちと一緒に体験しました。みんな初体験でおおはしゃぎ。学校の工作教室みたいで童心に戻って私も大いに楽しみました。

(1)
まず、練り鉢に材料のそば粉&小麦粉合わせて400gを入れて混ぜ合わせます。四季の里のそばは、そば粉8割、つなぎとなる小麦粉2割のいわゆる「二八そば」。作りやすく、食べやすいオーソドックスなタイプです。
[写真拡大]
(2)
水180ccを静かにちょろちょろと加え、菜箸でクルクル混ぜ合わせます。丁寧かつ素早く混ぜ合わせるのがポイント。
[写真拡大]
(3)
手のひらで力を加え、粉っぽさがなくなるまでグイグイと練り上げていきます。粘土工作みたいで楽しいけど、ちょっと疲れるなあ。男性の手をついつい借りたくなります。
[写真拡大]
(4)
私のほうはなんとか塊になりましたが、隣の彼女はベタベタ状態。お母さんから「ほら、お姉さんはあんなに上手に出来たわよ」とせっつかれて、ちょっとかわいそう。でも大人の手を借りず一生懸命練ろうとがんばってます。えらいぞ!
[写真拡大]
(5)
台の上に移し、打ち粉を振りながら広げていきます。さあ、ここから本格的にそば打ちっぽくなるぞ。
[写真拡大]
(6)
めん棒に巻きつけてころがすと、面白いように広がっていきます。力を均等に加えるのがむずかしいけれど、だんだん薄くなっていくのが目に見えて楽しい!
[写真拡大]
(7)
子どもたちには短いサイズのめん棒が用意されます。これにはみんなおおはしゃぎ!
[写真拡大]
(8)
薄くのばしたら、風呂敷をたたむように端を合わせてたたみ、包丁を入れていきます。これがさすがに一番の難関…。プロのように細くきれいに切ろうなんて大それたことは言いません。きしめんみたいだって思われようと、そこが手づくりのよさなんだから気にしない!
[写真拡大]
(9)
切り終わったら大きめの鍋でゆでます。ゆで時間はほんのわずか。そばを入れてふいてきたら100ccぐらいの水を加え、二度目にふいてきたらもう一度水を入れて火をとめます。網ですくいあげて水洗いして出来上がり。
[写真拡大]
(10)
やっぱりきしめんみたい? でも味は保証つき。なにせ打ち立てですからね。約1時間の楽しい美味しい体験でした。
[写真拡大]

◆体験料金
そば400g分(3〜4人分)で1200円。
その場で食べる場合は1300円。そばつゆ、薬味をサービスします。
[写真拡大]

 
 体験INDEXへ  ページのトップへ 

施設紹介印刷ページ