工芸品

駿河蒔絵 静岡市

1_7
事業所名称 静岡県蒔絵工業協同組合
産品名称 駿河蒔絵
特徴 駿河蒔絵の始まりは、文政11年(1828)の頃、信州飯田の画伯天領が、駿府に住む塗師中川専蔵に蒔絵の技術を教えたのがきっかけと伝えられています。
天保元年(1830)に小林留吉、遷次郎が漆器蒔絵の技術を伝授し、明治、昭和になり蒔絵の図案講習会、蒔絵実技の長期講習会等々の研修を積み重ねてきました。平成となった今も技術の研鑽に励み、静岡の蒔絵技術はこれからも向上していくことでしょう。
沿革 蒔絵は、塗面に漆で薄く地描きをして金銀粉を蒔き、乾燥させ、生漆で粉固めをして乾燥させた後、静岡炭や椿炭等で研ぎ、すり漆をして乾かし、研磨して仕上げます。
蒔絵には、平蒔絵、錆上蒔絵、高蒔絵などの技法がありますが、静岡の蒔絵は金銀粉を使い深みと立体感のある研出し蒔絵、美しさに特徴のある消粉蒔絵が中心です。
伝統的蒔絵に今日の図案の斬新さと伝統技術を結合させ、特色を出すことによって、漆器産地静岡の地位を不動のものとしています。
お問い合せ先 静岡県蒔絵工業協同組合

〒420-0073
静岡市葵区三番町22-12
TEL:054-253-2352 FAX:054-273-3146

地図

このホームページは静岡県の委託を受け、静岡県産品愛用運動推進協議会が運営しています。
Copyright Shizuoka Aisuikyo. All Rights Reserved