工芸品

掛川手織 葛布 掛川市

1_11
事業所名称 掛川手織葛布組合
産品名称 掛川手織 葛布
特徴 葛布とは、山野に自生する葛の靱皮繊維を織り上げた布のことで、地元ではカップともいいます。歴史的には古く、鎌倉時代、乗馬用袴地に用いられています。
江戸時代になると藩主が掛川の特産品として奨励したこともあって、丈夫で水に強い性質から、裃地、袴地、道中合羽に珍重されました。明治に入り、武家社会の没落と共に姿をけしかけた葛布も、襖地として甦り、壁紙としても好評を得ました。
しかし材料の葛苧を韓国からの輸入に頼っていたため、昭和40年過ぎ、韓国の禁輸措置のため一気に衰退し、現在では素朴な民芸品の中に残るだけです。
沿革 葛布には葛の繊維だけで織ったものと、経糸に絹や木綿を用いたものの2種類があります。前者は野良着などの日常品、後者は羽織や袴など晴れ着に用いられました。
掛川の葛布は、後者で、なんともいえない優雅さを持ち、絹や麻にないやさしい落ちついた渋みのある光沢と剛直さが特徴です。
全行程を手作りで行う、私たちの先祖が残してくれた自然な織物の本来の姿を今に伝える貴重な存在です。
お問い合せ先 掛川手織葛布組合

〒436-0079
掛川市掛川551-2 掛川商工会議所内
TEL:0537-22-5151 FAX:0537-22-0954

地図

このホームページは静岡県の委託を受け、静岡県産品愛用運動推進協議会が運営しています。
Copyright Shizuoka Aisuikyo. All Rights Reserved