工芸品

駿河竹千筋細工 静岡市

事業所名称 静岡竹工芸協同組合
産品名称 駿河竹千筋細工
特徴 駿河細工として親しまれてきた静岡の竹細工が、竹千筋細工として精巧な技術と生まれ変わったのは、天保11年(1840)岡崎藩士、菅沼一我が清水猪兵衛にその技術を教えたのが始まりといいます。
その後清水猪兵衛は多くの人にその技術を伝え、精緻な菓子器、虫籠として広く世間に広がっていきました。 昭和51年に伝統的工芸品に指定され、新たに電灯の笠、行燈など住宅インテリア分野へと広がりをみせています。
沿革 竹千筋細工の最大の特徴は他産地が平ひごを用いるのに対して丸ひごを使うことにあります。その丸ひごを一本一本組み、千筋にし、独特の技法で曲げた輪を、継手という竹千筋細工だけの方法で組み合わせます。そのため、しっとりとお落ちついた滑らかな曲線と質感が生まれてきます。そして、一人の職人が技法を駆使し、仕上げまで九分通り作り上げるために、作品としての価値が高く評価されています。
お問い合せ先 静岡竹工芸協同組合

〒420-0078
静岡市葵区八番町7-1
TEL:054-252-4924 FAX:054-273-2679

地図

関連商品

静岡市 静岡木製はきもの商工業協同組合 駿河塗下駄
静岡市 静岡県節句人形製造協同組合 駿河雛人形
静岡市 静岡県蒔絵工業協同組合 駿河蒔絵
静岡市 静岡挽物組合 静岡挽物
静岡市 静岡県家具工業組合 木製家具
静岡市 青島津一(秋果陶房) 賤機焼
静岡市 静岡木工芸組合 駿河指物
静岡市 静岡漆器工業協同組合 駿河漆器
静岡市 焼津弓道具 焼津弓道具
静岡市 海野想次 井川メンパ
静岡市 静岡木製はきもの張加飾組合 駿河張下駄
静岡市 静岡雛具人形協同組合 駿河雛具
このホームページは静岡県の委託を受け、静岡県産品愛用運動推進協議会が運営しています。
Copyright Shizuoka Aisuikyo. All Rights Reserved