工芸品

静岡挽物 静岡市

事業所名称 静岡挽物組合
産品名称 静岡挽物
特徴 静岡の挽物の歴史は古く、元治元年(1864)、銘木商の酒井米吉氏が挽物業を開業したのが始まりだといいます。
米吉氏は、箱根山で足を怪我をし、銘木商を続けられなくなり、怪我をした時に助けてくれた小田原の米穀商戸倉常治郎の紹介で箱根の挽物職人から挽物を習い、開業したと言います。その技術を多くの人に修得させ、今日に至っています。木挽きのろくろは足踏みから蒸気、電動と変化する中で、現在32社で挽物が行われています。
沿革 木製の独楽、こけし人形、胡椒挽きなど木製で丸い形をした物のほとんどは、挽物の手法が用いられ、挽物は静岡の地場産業に無くてはならない存在となっています。
機械による大量生産のため、手挽き技術による生産は減少しつつありますが、素晴らしい花器などの作品が今も数多く作られています。そして更に、この技術を後世に伝えるために、著名なデザイナーと連携し、伝統技術とニューデザインを融合させたファッショナブルな新製品の開発に取り組んでいます
お問い合せ先 静岡挽物組合

〒422-8047
静岡市駿河区中村町370-4
TEL:054-286-3053 FAX:054-286-3053

地図

関連商品

静岡市 焼津弓道具 焼津弓道具
静岡市 静岡県家具工業組合 木製家具
静岡市 静岡雛具人形協同組合 駿河雛具
静岡市 海野想次 井川メンパ
静岡市 静岡市染洗業協同組合 駿河和染
静岡市 静岡県蒔絵工業協同組合 駿河蒔絵
静岡市 静岡竹工芸協同組合 駿河竹千筋細工
静岡市 静岡県節句人形製造協同組合 駿河雛人形
静岡市 静岡漆器工業協同組合 駿河漆器
静岡市 静岡木製はきもの商工業協同組合 駿河塗下駄
静岡市 青島津一(秋果陶房) 賤機焼
静岡市 静岡木製はきもの張加飾組合 駿河張下駄
このホームページは静岡県の委託を受け、静岡県産品愛用運動推進協議会が運営しています。
Copyright Shizuoka Aisuikyo. All Rights Reserved