工芸品

駿河張下駄 静岡市

事業所名称 静岡木製はきもの張加飾組合
産品名称 駿河張下駄
特徴 静岡の下駄の起源は、遠く登呂遺跡の田下駄に始まり、江戸時代になって、町民階級の履物として普及しました。明治時代に入ると、職人はその時代にあった下駄を作るようになり、下駄に漆を塗った塗下駄や、桐の柾経木を張った張下駄が生まれました。また、張下駄の増加にあわせて、「張屋」という職業も成り立つようになりました。

戦後に入り、張下駄に張る素材は増えていき、柾経木張りの技術を活かして、紙布、布、和紙、突板、畳(イグサ織り)、竹皮、印刷した浮世絵等、さまざまな素材を張るようになりました。

素材を張り分ける「張り分け」や、型で抜いた柄を張る「型抜き」などの様々な技法があり、それぞれの技法には職人の経験や個性が活かされ、長年にわたって研究を重ねながら、現在に至っています。
沿革 張下駄には、デザインの多様性やソフトな履き心地のよさがあります。

デザインは、下駄に張る柾経木や、紙布の色や太さ、型を抜いた柄を変えることで、数限りないバリエーションがあります。また、張下駄を履いたときに、経木や紙布が、足にソフトな感触を与え、履き心地が非常に快適です。

全国的にみても、細かな細工を施した張下駄の生産を行っているのは静岡のみです。非常に珍しく、価値のあるものです。
お問い合せ先 静岡木製はきもの張加飾組合

〒420-0018
静岡市葵区土太夫町21-1
TEL:054-255-4335

地図

関連商品

静岡市 青島津一(秋果陶房) 賤機焼
静岡市 静岡漆器工業協同組合 駿河漆器
静岡市 静岡雛具人形協同組合 駿河雛具
静岡市 海野想次 井川メンパ
静岡市 静岡県家具工業組合 木製家具
静岡市 静岡竹工芸協同組合 駿河竹千筋細工
静岡市 静岡木工芸組合 駿河指物
静岡市 静岡県節句人形製造協同組合 駿河雛人形
静岡市 静岡挽物組合 静岡挽物
静岡市 静岡市染洗業協同組合 駿河和染
静岡市 静岡県蒔絵工業協同組合 駿河蒔絵
静岡市 静岡木製はきもの商工業協同組合 駿河塗下駄
このホームページは静岡県の委託を受け、静岡県産品愛用運動推進協議会が運営しています。
Copyright Shizuoka Aisuikyo. All Rights Reserved