工芸品

藤枝桐タンス 藤枝市

1_34
事業所名称 藤枝タンス商工業組合
産品名称 藤枝桐タンス
特徴 桐箪笥製造は、寛永11年(1634)、三代将軍徳川家光の浅間神社造営の折、全国から集まれた技術者が、造営後もこの地に住みつき、入手しやすい桐を用いて、長持、箪笥、衣装箱を作りだしたことに始まります。
また材料の桐は、この地に移封された田中藩本多氏が、天保2年(1831)、藩財政の改革のために何も植えていない土地に有益な商品作物の植栽を奨励し、成長の早い桐の生産が盛んになったと言います。素材生産と加工技術が一体となり、品質、技術とも高い藤江の桐タンスとして発展しました。
沿革 桐材は一端乾燥すると細胞の中は堅い空気のみになり、狂いや割れが少ない性質を活かした桐箪笥は、耐湿性に優れ、耐用年数も長く、虫がつきにくく、熱を通しにくいなどの理由から、古来より貴重品や衣類の収納に重宝されてきました。
湿度さえ気を付ければ、100年、150年ともち、古くなっても再生作業で新品同様に甦ります。 それだけに伝統技術に裏打ちされた手作りの藤枝の桐箪笥には、利用者の立場に立った職人の魂が生き続けています。
お問い合せ先 藤枝タンス商工業組合

〒426-0018
藤枝市本町一丁目5-16
TEL:054-641-3800

地図

このホームページは静岡県の委託を受け、静岡県産品愛用運動推進協議会が運営しています。
Copyright Shizuoka Aisuikyo. All Rights Reserved