買う

増田あいぜん工房〈駿河藍染〉 静岡市

事業所名称 増田あいぜん工房〈駿河藍染〉
ホームページ ホームページ
特徴 草木染の代表でもある藍染は、平安の昔から行われて来ました。
日本の風土にはぐくまれ育った藍は私共の故郷です。
城下町静岡でも江戸時代に最盛期を迎え現代に伝えています。
扇絵師・宮崎友禅斎が創始者と言われる糊染には、手描き・型染めがあり、
共に餅粉、和紙、柿渋、煙が必要で駿河では和染と言われる様になりました。
煙は藍染の仕上がりを左右する重要なものです。
当工房では煙を使い古くからの染めの長所を取り入れています。
又、50余年間に全国から収集した3,000余種にも及ぶ唐草模様を巧みに使い、
その中から工房オリジナルの小柄を完成させ、「駿河唐草」として販路を広めています。
増田あいぜん工房では静岡に伝わる伝統技術に、現代感覚を取り入れ、4代目も加わり工房ならではのアパレル作品の品揃えにも努めています。
藍は、愛情細やかに接すれば時が経つと不思議に美しさを増してきます。
藍染の他、柿渋染をはじめ様々な植物染料染等も行っております。
時間をかけ、布を染め、心を染めた作品を末永くお楽しみ下さい。
お問い合せ先 増田あいぜん工房〈駿河藍染〉

〒422-8042
静岡市駿河区石田1丁目11-4
TEL:054-285-6915 FAX:054-285-6918

地図

関連施設

駿府楽市
静岡市 (株)駿府楽市
このホームページは静岡県の委託を受け、静岡県産品愛用運動推進協議会が運営しています。
Copyright Shizuoka Aisuikyo. All Rights Reserved